群馬大学公開講座「太陽系と太陽系外惑星に生き物を探す」

掲載日 平成30年12月04日(火)
イベント概要
イベント内容 火星にはかつて海があったらしいことや、土星の衛星エンケラドスには地下に海がありそうなことが分かってきました。もしも生物が発見されれば、地球の生物の起源を探るヒントになると期待されています。また、太陽系外にも惑星が多数発見されてきており、第2の地球と呼ばれるような星もあります。講演では、太陽系内と太陽系外の両方について、今までにどんな発見があり、これからどんな探査が行われるかを、やさしくお話しします。

<講師>群馬県立ぐんま天文台 主幹(観測普及研究員) 大林 均
開催日 12月16日(日)
開催時間 14:00 ~ 15:40 定員 全:250名 
開催場所 国立大学法人 群馬大学 桐生キャンパス 総合研究棟402号室
群馬県桐生市天神町1-5-1  
0277-30-1509
駐車場の有無:有 (学生駐車場をご利用ください)
募集条件 一般の方 (小中高校生から大人の方)
主催団体 紫会(詳細 イベント担当者 舩津賢人
TEL:0277-30-1509
イベントの分野 学術・文化・芸術振興 / 科学技術振興
  • 群馬大学公開講座「太陽系と太陽系外惑星に生き物を探す」
  • 群馬大学公開講座「太陽系と太陽系外惑星に生き物を探す」
イベント詳細情報
雨天時の対応 雨天決行
服装・用意するもの 無料
注意・禁止事項
その他
自由欄
地図
大きな地図で見る
関連URL 事前申込サイト
掲載期間 平成30年12月04日(火) ~ 平成30年12月16日(日)

CopyRight(C) YUI All Right Reserved.管理室